エアークローゼットがAI導入でユーザーの好みが正確に!?

「エアクロが9.5億円の資金調達を実施」というニュースを発見。

このニュースの概要を端的にまとめると、「エアクロは9.5億円の資金をAIの導入や今まで蓄積したデータ活用に投資し、ユーザーの好みの服をより正確に把握・選定し、ユーザーの要望に応えられるように強化していきます!」ということが書かれています。

なぜ、このニュースが気になったかというと、以前私がエアクロに対して持っていた不満と、このニュースにより垣間見えたエアクロ自身が把握していた課題が一致していたから。

エアクロの品質向上が期待できるかも

以前、エアクロのサービスを利用した時、自分の好みの服が来るまでに時間がかかった上に、服の系統やスタイルにバラつきがあり、このサービスには不満がありました。

そんなこともあり、今利用しているエディストクローゼットに乗り換えたという経緯があったんですが、こういった私と同じような不満を抱える人って他にもたくさんいるんじゃないかな?とすごく感じていました。

そんなわけで、今回のニュースを見て、もしかしたら今後エアクロのサービスももう少し良くなってくるのかな?という期待感と、私が以前サービスに対して不満を持っていたことはエアクロも把握していたし、そういう不満を持っていた人も多かったんだ、という確信にいたりました。

サービス品質が改善されればもう一度使ってみようかな

今では、会員数は約20万と私が利用していた頃の約2倍程度にまで増える人気の高いサービスになっているので、私が使っていた頃よりは、サービスの品質も向上しているんだろうなとは思いつつ、今後使う予定はありませんでしたが、今回のニュースを見て、もう一度使ってみようかな?と気になっている自分もいます。

当初は、送られてくる服の品質自体もかなりばらつきがありました。

縫い目がほつれていたり、明らかに中古感が出ている着古されている服であったり、レンタルサービスの悪さが目に見えることもありました。

しかし、エアクロをフォローするのであれば、このサービス自体、2014年にサービス提供を開始したまだまだ新しいサービスです。

サービスの品質が向上されるのも時間がかかるでしょうし、従業員やスタイリストさんのサービス品質にも、まだまだばらつきがあるのだと思います。

それが、今回のニュースの通り、AIやデータサイエンスへの投資とそれによるサービス品質の向上が期待できるのであれば、これからもまだまだ伸びしろのあるサービスだと思っています。

前回利用してからはだいぶ時間が経っているので、エディクロは継続しつつ、もう一度使ってみようかとは思いますが再開する時期は未定。

次回もう少し期待できるニュースが出たら再開してみようと思います。

それまでは、ホームページをチェックしながらそのタイミングを待とうと思います。

ファッションレンタルのエアークローゼットが9.5億円調達、AIやデータ活用強化でサービス拡充へ

出典:http://jp.techcrunch.com/