エディストクローゼット

エディストクローゼットでのトラブルについて|汚れや破れた時はどうなる?

投稿日:

ファッションレンタルって使ってみてたくさんメリットはあるけど、洗っても落ちないほど汚してしまったり、破れてしまった時のトラブルが心配ですよね。

普通に着ている分には問題ないですし、長らく使っている私もまだ上記のようなトラブルは経験ありませんが、今後のためにも調べてみました。

具体的な内容についてはエディストクローゼットのホームページ、利用規約に記載がありますが、全文読むのは面倒くさいと思うので簡単に内容をまとめて紹介したいと思います。

これから使いたいという人も参考に見てみてくださいね。

原則、通常の着用による若干の汚れや傷などでは費用は請求されない

今まで約4か月程度エディストクローゼットのレンタル服を着用してきましたが、一度も汚れや傷などによる請求を受けたことはありません。1ヶ月のレンタルなので、フル活用して4,5回転するくらい着用しているので、もちろん少しの汚れやもつれがあったこともありましたが、何も問題は発生しませんでした。

利用規約の掲載内容を読んでみると原則、よほどのひどい汚れや傷でなければ修繕費用を請求されることはないようです。レンタルだからと言ってそれほど神経質になる必要もありませんね。

2 レンタルアイテムにおける、通常のご使用による若干の汚れ、微細な傷等の修理・クリーニング等、商品アイテム状態を改善するための処置(以下「修繕」といいます。)のための費用は発生いたしません。

 

もし修繕が必要なほどの汚れや破損があった場合は所定の弁償金の負担が必要

では、もし万が一、修繕が必要なほどの汚れや傷をつけてしまった場合はどれくらいの費用が請求されるのでしょうか?

利用規約に掲載されている内容は下記のとおりですが、その服が新品であった場合、中古品であった場合でかつ、修繕可能な状態であるか否かでその金額は変わってくるようです。

修繕不可の状態になってしまった場合

  • 新品の場合:商品価格の100%
  • 中古品の場合:商品価格の60%

4 補償金の金額は、以下となります。
(1) 盗難、紛失の場合:新品/定価の100%、中古品/定価の60%
(2) 破損・汚損で修繕不可能の場合:新品/定価の100%、中古品/定価の60%

ここで、気になったのが「盗難、紛失」ですが、このようなケースって相当レアだと思うんですが、どうなんでしょう?ちなみに、ここで悪知恵になってしまうんですが、エディストクローゼットってレンタル服売ってくれないんですけど、紛失してしまったって言ってしまえば、定価で買えてしまうってことになりますよね?

ただ、原則販売しないということになっていますので、ずるいやり方で手に入れるのはよくありませんのでやめましょうね。(自分で書いておきながらなんですが・・・)

トラブルの際の連絡方法は登録したメールアドレスに連絡が入る

万が一、レンタルの服が利用規約の弁償金の対象になってしまった場合は、登録したメールアドレスに連絡が入るようです。返品の際は必ず、服の状態がチェックされているようで、そこでトラブルがないかどうかを判断されています。

5 当社はレンタルアイテムの到着後10営業日以内を目処に、ご登録いただいたメールアドレスに修繕必要の旨、もしくは修繕不可能の旨と補償金もしくは弁償金の金額を通知いたします。会員は当社の提示した補償金もしくは弁償金を、当社所定の方法で遅滞なく支払うものとします。

弁償金の支払いは登録されているクレジットカードに請求

エディストクローゼットから連絡が入り、5日以内に問合せなどの何の連絡もない場合、またはサイト上の定める範囲、つまり例外処置とならない場合は請求された金額に同意したものとして支払いが発生するものとなります。

7 通知発信後、5日以内に会員から補償金および弁償金に関するお問い合わせ等のご連絡が無い場合、および当社が本サイト上の定める範囲内において会員のお問合せに回答した場合、会員はその金額のご負担に同意いただいたものとみなし本サイト上で定めた方法によりその金額をお支払いいただきます。原則としてご登録いただいたクレジットカードに請求いたします。

まとめ

よほどの汚れや破損、盗難や紛失でない限り弁償金が請求されることはありませんが、レンタル品と言うことに変わりはありませんので、服を汚してしまったり破損を招いてしまう可能性がある場所では着用は控えることをおすすめします。

-エディストクローゼット

Copyright© 30代子育てワーキングママのファッションブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.